前へ
次へ

営業求人に応募して転職する際のポイント

今働いている会社に何らかの不満が合った場合には、違う部署への異動願いを出す等という方法もありますが、多くの方が選ぶのが転職するという選択です。しかし、転職をする際にこれまでやっていた仕事の内容と全く違う事をする場合には、注意する必要があります。例えばこれまで接客を全くしていない事務の仕事しかしていない方が営業求人の募集に応募した場合には、面接でのアピールが採用に大きく関わってきます。基本的に中途採用というのは、会社で足りなくなった穴を早急に埋めるために採用している場合が多いのです。そう考えると営業求人の場合には、ある程度以前の会社で営業経験があったり、営業向きであるという点を見せなければ採用となる確率が低くなってしまいます。ですから、社交性などを面接でアピールするなど採用への工夫が必要です。これまで営業をしていた方は、営業求人に応募する時には以前の会社での実績等をアピールする事で採用して貰える確率が上がるでしょう。

Page Top